« 超ラジステッカー 到着 | トップページ | バンダイビジュアル、バンナムHDが完全子会社化 »

2007年11月 9日 (金)

アイドルマスター XENOGLOSSIA オリジナルドラマ Vol.3 週刊アイドルマスター

「アイドルマスター XENOGLOSSIA オリジナルドラマ Vol.3 週刊アイドルマスター」を購入し聴きました。

今回のCDがドラマCDシリーズのラストであり、
XENOGLOSSIA関連CDのラストリリースにもなりそうです。

今回のストーリーはアニメ後日談です。
コンペイトウとアイドルがなくなり、
元モンデンキントのメンバーが、どのように暮らしているのかが語られます。
主要キャストはもちろん、アニメ最終話後に行方不明となった雪歩、
お亡くなりになった、あずさ、千早、そしてリファ達も登場します。

前回、前々回のようにエロいところはほとんどありませんが、
雪歩や春香の、その後の落ちっぷりなど聴き所満載です。
最終的には大団円となり、XENOGLOSSIAのストーリーに幕が下ります。
アニメ本編よりもギャグ寄りなところが多いので、
気になる人がいるかもしれませんが、
大きな心で聴いて、楽しんで欲しいですね。

|

« 超ラジステッカー 到着 | トップページ | バンダイビジュアル、バンナムHDが完全子会社化 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

アニメ版アイマスは録画したまま放置してたけど
ドラマCDを買うほど面白かったならちゃんと見たほうがよさそうですね。
録画分がたまっていく一方だったのでHDから危うく消すところでした。

!ボトム図に変わっている!!

投稿: nano(π0π) | 2007年11月10日 (土) 00時11分

アイマス ゼノグラシアは今年度上期のベストアニメでした。
基本的には、舞HiME3と思ってください。

投稿: onimaro | 2007年11月10日 (土) 01時41分

まだ全部見ていないのですが、
このアニメはゲームと違いすぎです。
とりあえずロボットがでてくることは置いとくとしても
はっきりとダメなところが多すぎますね。
オリジナルの声優=ゲームでは伊織の中の人は
レナ(HAND MAIDメイ)をやっていた人だったはずな
のですが・・・。
よくわかりませんがギャラとかスケジュールの問題?
めさきを変えてみたんですかね?

投稿: NanoP | 2007年11月27日 (火) 22時16分

>NanoP

ゲーム版のアイマス厨が書きそうな、
情熱的な書き込みありがとうございます。
声優さんにこだわりだしたのは良い傾向だと思います。
PはプロデューサーのPですか?流石です。

ゲームとアニメは別物です。
違いがあるからダメと判断するのは意味がありません。

投稿: onimaro | 2007年11月29日 (木) 00時38分

いや、アイマスファンだったらこの書き込みはおとなしいほうだろう。

エヴァのパクリが多すぎてエヴァファンから見ても幻滅するところが多かったよ。歌の題名からして、「残酷よ希望となれ」ってまんま残酷な天使のテーゼ(少年よ神話になれという歌詞がある)だし。単品としてみても、何で盗撮ロボットを取り合うほど恋するのか理解不能だし。
アイマスファンとして見たら…もう最悪極まりない作品。千早のイメージ汚しすぎ。千早は若干潔癖症だけど、あんなにいい娘なのに…なんでこんなキチガイに…

しかも、アニメ版千早は、あんなにたゆんたゆんしてたのにDVDスペシャルパッケージではなぜか超貧乳に
http://www.sunrise-inc.co.jp/idolmaster/goods/dvd.html
いくら、「胸囲」でググればゲーム版千早が出てくるほど人気があるからって、別に貧乳だから人気出たわけじゃないのに、いまさらゲーム版に擦り寄りなんて気持ち悪すぎ。

投稿:   | 2008年11月19日 (水) 16時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 超ラジステッカー 到着 | トップページ | バンダイビジュアル、バンナムHDが完全子会社化 »