« さよなら絶望放送 第46回 2008.07.15更新分 | トップページ | おしゃ月 2008.07.21更新分 »

2008年7月15日 (火)

紅 DVD1巻

映像特典である本編未使用シーンをみて、いろいろ判明。ずっと気になっていたのですが、第2話で真紅郎と紫の電話での会話で、真紅郎の携帯に紫からの着信があり話をしていたにもかかわらず、紫がつまらないことで電話をかけるな、と言うシーンがあり、不思議に思っていたのですが、一旦電話を切った後で真紅郎が電話をかけなおすシーンがカットされていたためでした。電話での会話シーン以外でカットされたシーンは監督メモで納得しましたが、電話のシーンのカットはもったいないですね。あと、後藤ちゃんが何者かわかりました。
音声特典として、松尾監督と悠木さんによるコメンタリーが収録されています。内容に沿ったまじめなコメンタリーで良いです。悠木さんの口から沢城さんという単語が沢山でました。
設定資料集より、五月雨荘のある町が大久保であることが判明。

|

« さよなら絶望放送 第46回 2008.07.15更新分 | トップページ | おしゃ月 2008.07.21更新分 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« さよなら絶望放送 第46回 2008.07.15更新分 | トップページ | おしゃ月 2008.07.21更新分 »